認知度

ヨーグルトが持っている乳酸菌の種類

日本人だけでなく欧米人やその他世界で愛されている食品の一つに、ヨーグルトがあります。
牛乳を発酵させて作る、朝食の友として愛用されているヨーグルトには、乳酸菌という整腸作用がある物質が含まれています。
この乳酸菌は、市販されているヨーグルトに、各メーカーが工夫してより体に乳酸菌を取り入れやすいように、またより大きな効果を示せるようにして販売しています。
どんな例があるでしょうか。

例えば、ふつう食物から摂取した乳酸菌はその多くが胃酸によって分解されてしまいます。
そのために食品から摂取する乳酸菌の量はあまり多いとは言えません。
しかし、ヨーグルトに含まれている乳酸菌には、それ自体が生命力が強く、胃酸でも分解されないようなものが含まれています。
「ビフィズス菌」や「シロタ株」を含んだヨーグルトがそれに当たります(商品によって特徴は異なります)。

また、含有されている乳酸菌の種類によっても、期待できる効果は異なります。
例えば先ほど述べたシロタ株には、免疫力の向上や花粉症等の予防に良い効果が期待できます。

また、ミツバチ乳酸菌といった、独自の手法で作られた、より健康を重視した製品も販売されています。
それらを上手に食生活に取り入れるならより健康的な日々を送れるでしょう。
また、乳酸菌のサプリメントなら手軽に摂取出来ておすすめです。