認知度

乳酸菌で腸内環境を整える

なんだか下痢や便秘などで、お腹の調子が悪い…そう感じておられる方は少なくないと思います。
それらの症状は何らかの病気であるサインであることもありますが、多くは腸内環境の悪化が原因で起こるものです。
腸内はいつも悪玉菌と善玉菌が生息しており、善玉菌が増えると良い影響を及ぼしますが、逆に悪玉菌が増えると有毒なガスや老廃物が生み出され、そのせいで消化等の腸の働きが上手く機能しなくなります。
その結果、胃もたれや便秘などの症状になって現れるのです。
では、どのように腸内の環境を正常に保つことができるのでしょうか。

その一つの方法は、乳酸菌を摂取することです。
乳酸菌には、シロタ株、ラブレ菌など、多くの種類がありますが、それらを摂取することにより、悪玉菌の働きを抑制し、腸を正常に保つ有機物を生成してくれます。
また、免疫細胞に働きかけることによって、体の免疫力を向上させ、インフルエンザの予防にもなる(主に『プラズマ乳酸菌』と呼ばれるもの)乳酸菌があります。
このように、私たちの生活には欠かせない物質である乳酸菌は、ヨーグルトや納豆などの食品類、それに乳酸菌飲料やサプリメントなどにより効果的に摂取することができるので活用していきましょう。