認知度

腸内が綺麗になる乳酸菌

あなたは、テレビやインターネットの記事などで、腸内カメラの写真を見たことがあるでしょうか。
よく腸内がどのくらい綺麗かだとか、ポリープの様子を見せるために見ることがあるかも知れませんが、一見綺麗に…というよりも普通に見えるその腸内には、数多くの微生物が氾濫しているのです。
何せ消化器官ですから、致し方無いことなのですが。

その微生物を代表している二つの要素が、「善玉菌」と「悪玉菌」です。
善玉菌と悪玉菌の関係は油と水のような関係で、互いが相容れることはありません。
日和見菌という、状況次第でどちらの側にも付く一見都合の良い物質もいますが、二つの勢力はその大きく異なる働きにより対立しています。
簡単に言うと、善玉菌は腸内の環境を整える働き、対して悪玉菌は腸内の環境を悪化させる働きをします

善玉菌の一種に、「乳酸菌」という、乳酸を生成している物質があります。
乳酸菌は悪玉菌の生成する有害な物質を体外に排出させる働きをしています。
また、胃腸の働きを正常にすることにも一役買っています。
善玉菌である乳酸菌が多く支配する腸内にすることができれば、いわばカメラで見たままのような、より綺麗な状態を保つことができます
腸内環境を常に綺麗な状態に保つためには、乳酸菌を定期的に摂る必要があります。
その理由は、乳酸菌は一定の期間しか腸内に留まることができないからです。
なので、一度に大量の乳酸菌を取ったから大丈夫!というわけにはいかないんですね。
乳酸菌を含んだ食べ物は馴染みの深い和食にもありますし、定番のヨーグルトやカルピス・ヤクルトなどの飲み物でもありますので、ご自分に合った食べ物で毎日摂取してみてください。