認知度

乳酸菌と食物繊維

ストレスの多いこの時代において、自分の体とどう向き合っていくかは、とても大切なことですが、忙しさによってどうしても自分の健康と向き合うことがおろそかになってしまいがちではないでしょうか。
そして、壊しがちなのがおなかの調子、ストレスとも相まってもたれて、下しやすくなっている、そんな経験をされている方がおられると思います。
さて、そんなおなかの調子を整えてくれるのが、「食物繊維」と「乳酸菌」です。

食物繊維とは主に野菜などに含まれている栄養分で、水に溶けやすいか、溶けにくいか…その種類によって、便秘に効果があったり、胃腸の消化活動を助けたりなどの、効果があります。
一方乳酸菌は、腸内の環境を整えて便秘や下痢などを改善します。
通常でも乳酸菌などの善玉菌は胃腸の中に生息しているのですが、それに対抗する形で生息しているのが、有毒物質などを生み出す、悪玉菌。
それが繁殖してしまうことによって、腸の働きが鈍くなり、消化や吸収を阻害してしまうのです。
乳酸菌を良く摂取するなら、腸内の善玉菌の数を増やすことができ、悪玉菌の働きも抑えることができます。
どちらもおなかに優しい乳酸菌と食物繊維、普段の食生活に取り入れていきたいですね。