認知度

乳酸菌の働きの仕組み

私達の腸内で大きな役割を果たす、乳酸菌。
善玉菌に分類されるその働きは、私たちが生命を保つうえで欠かせないものです。
そもそも腸内には、胃腸にとって良い働きをする『善玉菌』と『悪玉菌』の両方が存在しています。
体にとって良い影響を与えるか悪い影響を与えるか、その違いによってそれら二つが分類されるのです。

善玉菌に含まれる乳酸菌は、乳酸を生成し、腸内の環境を整えようとしています。
しかしそれに対抗する勢力として、タンパク質から腐敗物質を作り出す悪玉菌も多く存在します。
悪玉菌が勢力を持ってしまう原因としては、偏った食事やストレスなどが挙げられます。
もしこの悪玉菌が善玉菌よりも勢力を拡大させてしまうと、下痢や便秘など、胃腸の働きが鈍ることによって起こる弊害を経験します。
ですから、外部から乳酸菌を取り入れて、それら悪玉菌の働きを抑え、有害なガスや老廃物を排出させ、腸内環境を整える必要性があるのです。

乳酸菌を取り入れるためには食事によって摂取する必要がありますが、主にヨーグルトなどの乳製品、キムチや納豆などの発酵食品、各種乳酸菌飲料、またサプリメントなどを用いることができます。
食生活の改善に合わせて、どのタイミングで乳酸菌を取り入れられるかを考えてみましょう。

産まれたばかりの赤ちゃんの体内には乳酸菌がたっぷりあるようですが、年々少なくなっていきます。
子供から大人まで多くの人に乳酸菌は足りていないため、こちらに載っているhttp://www.frostproofchamber.com/nennreisou.html年代別の原因を把握し、普段の食事から積極的に摂っていきましょう。