認知度

乳酸菌の摂取量

私達の体を守ってくれる乳酸菌、胃腸や女性であれば膣などに生息するその一種の「菌」は、腸内に住んで悪玉菌等からの脅威から私たちの体を守ってくれます
では、この乳酸菌は、どれだけ摂取すれば良いのでしょうか。
実際、腸内に取り入れる乳酸菌はどれだけ数があっても多すぎる、ということはありません。
それだけ悪玉菌の働きを抑えられるからです。
目安としては約300グラム、食品だけでこの摂取量をカバーするのは難しいですから、乳酸菌飲料やサプリメント等を有効的に活用したいものです。
ただし、いくら摂取しても良いからと言っても、個人の健康状態がありますし、一度に吸収できる量にも限界がありますし、中には乳酸菌飲料やサプリメントの過剰摂取でお腹を壊したり具合が悪くなる、ということもあり得ますので、あくまで一日の摂取量を守って活用するなら身体的にも経済的にも負担がかからないでしょう。

乳酸菌に関わらず、食べ物による栄養分の摂取は基本中の基本です。
それが無いと他の付加的な要素も意味を成しません。
ですから、まずは生活において食事のリズムとバランスを重視すること、そのうえで付加的なサプリメントを用いるようにするなら、乳酸菌の効果をより実感することができるでしょう。