認知度

乳酸菌とプロバイオティクス

プロバイオティクスという言葉を聞いたことがあるでしょうか。
プロバイオティクスとは、生きたまま腸に到達し作用する乳酸菌を含むもののことを指します。
プロバイオティクスが挙げる効果には、便秘や下痢の解消などが含まれます。

実際、私たちが普段口にする食べ物の中では、納豆やキムチなどの発酵食品、またヨーグルトやチーズなどの乳製品に多く含まれている成分です。
それら乳酸菌を多く含む食品などから摂取するのが理想なのですが、実際のところそれらの乳酸菌は消化時に胃酸によって分解されてしまいます
ですから、プロバイオティクスによる腸への働きかけは大切なのです。

主なプロバイオティクス製品として、ビフィズス菌飲料やシロタ株飲料などが販売され、多くの人に愛用されています。
それらの特徴はやはり腸まで生きた乳酸菌を届けることができるということです。
ビフィズス菌はより強い整腸作用を、またシロタ株は免疫力向上やガンの予防など、幅広い効果を期待できます。

食事で補える乳酸菌が少ないからと言って、おろそかにしてはいけません。
整った栄養バランスがあって初めてそれら乳酸菌飲料やサプリメントが生きてくるのです。
それを忘れないようにしましょう。