認知度

おなかの調子と乳酸菌

突然襲ってくる便意、大事な会議中なのに、しかも普段は便秘気味なのに、こんな時に限って…というトラブル、経験したことはありませんか?
また、何日も便が出ていないせいで、お腹の調子がすぐれず、体調も悪い…こういったことに悩んでいる方は少なくありません。
普段あまり意識せずとも、食生活の乱れやストレスなどが原因となってこれらの症状を招いてしまうことがあるのです。

こんな時、腸内では悪玉菌がその猛威を振るっているかもしれません。
普段私達の腸内には、善玉菌と悪玉菌という、二つの対立する勢力があります。
善玉菌は乳酸菌等の良い物質を作り出しているのに対し、悪玉菌は腐敗物質を生成しています。
善玉菌は悪玉菌の働きを抑えて腸内環境を整えることができますが、逆に悪玉菌が増えると、有害物質により腸の働きが鈍り、正常な働きができなくなるために、下痢や便秘などの症状が顕著に表れることがあるのです。
ですから、腸内の善玉菌を増やすために、食事などによって乳酸菌を取り入れることはとても大切なのです。

その点でどんな食事を行うかはとても重要なことです。
主に乳酸菌を多く含む食品には納豆やキムチなどの発酵食品、ヨーグルトなどの乳製品が挙げられます。