認知度

子供に乳酸菌を摂らせる

コマーシャルなどでも良く耳にする乳酸菌、ヨーグルトに含まれるこの微生物は、私たちの、お腹の調子を整えてくれています。
そもそも乳酸菌は、普段食べるものにも少量含まれており、意識せずとも腸の中で生きています。
腸の中は体に悪さをする物質でいっぱい、悪玉菌という敵が増殖してしまうとひとたまりもありません
すぐお腹を壊しやすくなったり、下しやすくなったりします。

その時に、悪玉菌の手から体を守ってくれるのが、乳酸菌などの善玉菌、有毒ガスなどを作り出す悪玉菌の動きを止めて、悪玉菌が作った有毒な物質を体の外へ排出させるのです。
しかし乳酸菌が減って、悪玉菌が増えてしまうと、悪玉菌の生成する物質が、次第に胃腸の働きを衰えさせていきます。
そうなると、下痢や便秘などがひどくなってしまいます。

体の中にすでに乳酸菌がいるなら、何もする必要は無いのではないか…そんなことはありません。
子どもであっても乳酸菌を自分で取り入れることが大切なのです。

納豆やヨーグルトなどの、発酵食品を定期的に食べるようにしましょう。
おなかの調子が整います。
また、お腹に優しい子供用の乳酸菌入りヨーグルトも販売されています。
親子で一緒に、快適な朝を毎日迎えられるように努力しましょう。