認知度

乳酸菌の働き

私達は、体の見える部分だけではなく、見えない部分でもそれら各々の器官がきちんと役割を果たし、健康を保ち生命を維持させていることを知っています。
また、体の中に多数生息する微生物なども、生命を維持させるのに事欠くことはありません。

見えないところでその役割を全うしているものの一つに、「乳酸菌」という菌の一種があります。
この乳酸菌は、腸内または女性の膣内等に生息しています。
善玉菌の一種である乳酸菌は、乳酸等を生成し腸内環境を良好に保っています。
善玉菌にとっての一番の敵がいわゆる「悪玉菌」ですが、悪玉菌は善玉菌と180度異なり、タンパク質等から有毒ガスや発がん物質などの老廃物を生成し、腸内環境を悪化させます。
そのために、胃腸の働きが鈍くなり、便秘や下痢などの症状に見舞われるのです。
乳酸菌はそれら悪玉菌が生成してしまった有毒物質を、体外に排出させる働きがあります。
また、免疫細胞を活性化させ、免疫力を向上させることにより、風邪やインフルエンザなどの感染症を予防する働きも持っています。
それだけ善玉菌は体に欠かせない物質なのです。

重要な役割を果たす善玉菌は納豆やキムチ、ヨーグルトなどの食品の他、乳酸菌飲料やサプリメント等からも摂取できます。
また、ペットに効果的な乳酸菌サプリメントについても参考にご覧ください。