認知度

乳酸菌の語源

私達の体の中では、たくさんの微生物が外からの外敵に対抗しようと、働いています。
私達は普段食事を行っていますが、これらを消化するためにあるのが、消化器官、その中の腸に生息しています。
乳酸菌などの善玉菌は、悪玉菌と対抗するために物質を生成し、悪玉菌の働きを抑え、不要で有毒な物質を体外に排出させる働きをしています。

いわゆる「菌」として分類されていますが、乳酸菌にもいくつかの種類があり、生成するものの内容によって分類されます。
乳酸を生成する良質な菌なので、善玉菌に分類される「乳酸菌」なのです。
ですから真逆に、有毒な物質をタンパク質等から作り出す菌のことを、悪玉菌、と呼びます。

この乳酸菌は、食品の保存、発酵にも関わっています。
相性の悪いものもありますが、ほぼ人のために働く乳酸菌、主に乳製品や発酵食品などの多くの食材に含まれています。
私たちが普段食べている納豆やヨーグルト、それらに特に多く含まれており、腸内の環境を 整える物質を生成し、老廃物を体外に排出させます
この乳酸菌を用いたいろいろな応用方法が現在でも研究され、美容効果への実証、再生細胞としての実験、アレルギーやガン予防などに対してどれほどの効果が期待できるか、明らかになっています。