認知度

乳酸菌が影響を受ける生活

『菌』と聞くと、何か私たちの体に入り込んで、良くない影響を及ぼすのではないか、というイメージがありますね。
もちろんそういったあらゆる菌も存在していますが、体に良い影響を与える菌も存在します。
その一つが、乳酸菌です。
乳酸菌は私たちの腸内に生息し、乳酸を生成し腸内環境を整えています。

しかし冒頭で述べたイメージ通り、乳酸菌等の、善玉菌の働きを阻害する菌も存在します。
それが、悪玉菌です。
悪玉菌はタンパク質等の有機物から発がん性のある有毒な物質を生成し、消化吸収などの、腸の働きを阻害します。
そのために、便秘や下痢などが慢性的に表れるようになったり、それこそ胃腸炎や最悪は大腸がんといった弊害を生み出すのです。

善玉菌が減少し、悪玉菌が増える、そんな生活には、肉中心の偏った食生活、過度のストレス、喫煙習慣などが挙げられます。
食生活が偏ると、どうしても乳酸菌を多く含む食事を摂らなくなりますし、基本的な栄養バランスも崩れてしまいます。
そのために胃腸の働きも弱くなります。

また、ストレスもその原因となり得ます。
ストレス社会の現代人におなかの不調が多いのは、このためとも言えます。
喫煙習慣も悪玉菌を増やし、健康を損なう習慣の一つです。
また、乳酸菌のサプリメントは手軽に摂取出来ておすすめです。